医療法人社団 ICVS
医療法人社団 ICVS
Tokyo Clinic V2

幹細胞培養上清液療法
Stem Cell Supernatant Therapy

日本国内製造の安全性が高く
高品質な幹細胞培養上清液による
さまざまな症状の改善・修復を目指した
各種治療をご提供いたします

Stem Cell Supernatant Therapy幹細胞培養上清液療法について

幹細胞培養上清液とはabout stem cell supernatant

東京・紀尾井町・ICVS Tokyo Clinic V2・幹細胞とは

幹細胞培養上清液とは、脂肪や臍帯などの間葉系幹細胞を培養し、その培養液から幹細胞を取り出したのち、不純物の除去・滅菌などの処理を施した液体(上澄み液)のことです。

この液体には幹細胞から放出された、他の細胞に影響を与える生理活性物質(増殖因子、免疫調整因子、神経再生因子など)が含まれているといわれています。

幹細胞培養上清液に期待される効果effect of stem cell supernatant

東京・紀尾井町・ICVS Tokyo Clinic V2・幹細胞培養上清液療法で期待できる効果

幹細胞培養上清液には、何百種類もの成長因子や幹細胞が分泌した500種類以上のタンパク質を含む成分がみられます。

その分泌液の中にはサイトカインと呼ばれる細胞活性のカギとなる情報伝達物質(生理活性物質)が豊富に含まれており、体内の損傷を受けた組織や細胞の機能回復に重要な役割を果たします。

生理活性物質 期待される効果
VEGF(血管内皮細胞増殖因子) 発毛、育毛、ゴースト血管(血液が流れなくなった血管)の抑制など
IGF(インシュリン様成長因子) 皮膚再生、シワの改善、皮膚の張り・弾力の改善など
PDGF(血小板由来成長因子) 細胞分裂の促進、損傷組織の増殖・再生など
EGF(上皮成長因子) 表皮代謝、シミ、くすみ、シワの改善など
TGF-β/TGF-α(トランスフォーミング成長因子) 抗炎症、細胞の増殖促進、皮膚・皮下組織の損傷回復など
HGF(肝細胞増殖因子) 組織の再生・活性化など
KGF(ケラチノサイト成長因子) 発毛、育毛など
【リスク・副作用】
・まれにアレルギー反応が起こる場合があります。
過去に幹細胞培養上清液でアレルギーを起こしたことがあるかたは、基本的には施術を受けていただくことができません。
今までアレルギー反応がない場合でも当日の体調によってアレルギー反応が起こるケースもあります。
スタッフが患者様の体調に留意しながら施術いたします。

・施術中にご気分が悪くなられた場合は、すぐに医療スタッフへお知らせください。
・一度でも幹細胞培養上清液の点滴を受けたかたは献血ができません。
・妊娠中や妊娠の可能性がある方は安全のため施術を受けることができません。

Features
of Our Treatment当院の幹細胞培養上清液療法の特長

当院で使用する幹細胞培養上清液features of stem cell supernatant

当院では、日本国内製造の高い安全性と確かな品質が担保された
幹細胞培養上清液を用いています。


Feature 01

適切なドナーを選定し、さまざまな感染症検査を実施した組織にて作成

Feature 02

国際的なGMP基準に沿った施設内で、感染のリスク管理を徹底

Feature 03

アレルギーなどのリスク対策として動物由来成分不含有(Animal Origin-Free: AOF)の幹細胞培地を使用

幹細胞培養上清液は
「未承認医薬品」となります

幹細胞培養上清液療法に用いる幹細胞培養上清液は、医薬品医療機器等法上の承認を得ていない未承認医薬品に該当します。
院内調剤(一部外部委託)として適法に調剤しています。 日本では、未承認医薬品を、医師の責任において使用することができます。

幹細胞培養上清液療法に使用できる同一の性能を有する他の国内承認医薬品はありません。
幹細胞培養上清液は、諸外国においても重大なリスクの可能性について明らかな情報はございません。

幹細胞培養上清液療法の利点advantages of stem cell supernatant therapy

幹細胞培養上清液療法は、自己細胞を用いる幹細胞治療と比較して
以下のような利点があります。

  1. 01手術や外科的
    処置が不要です
    幹細胞治療では脂肪組織を採取するための手術が必要となりますが、培養上清液は国内製造された既成のものを使用するため、外科的処置は不要です。
  2. 02その日のうちに
    投与できます
    培養上清液療法は細胞培養の期間も必要なく、当日に点滴または局所注射にて投与することができます。早い場合には投与後15分ほどで効果が現れます。
  3. 03比較的コストを
    抑えられます
    自己幹細胞の採取ののちに培養を行う幹細胞治療と異なり、同様の効果が期待できるにも関わらず、治療費を大幅に抑えることができます。ただし、自由診療(費用全額自己負担)です。

幹細胞培養上清液の投与方法administration

患者さまの症状や効果の目的に応じて、
幹細胞培養上清液を以下の方法で投与します。

  • 点滴
    東京・紀尾井町・ICVS Tokyo Clinic V2・点滴

    基本的には、点滴によって静脈内に投与されます。さまざまな生理活性物質によって、症状の改善が期待できます。

  • 点鼻
    東京・紀尾井町・ICVS Tokyo Clinic V2・点鼻

    脳に疾患がある場合や老化による機能低下がある場合には、脳内毛細血管に届けるために、点鼻によって投与します。

  • 局所注射/動脈内注射
    東京・紀尾井町・ICVS Tokyo Clinic V2・局所注射/動脈内注射

    関節など、特に効果を得たい部位がある場合は、注射で局所、あるいは動脈内に注入します。

  • ハイドロリリース対象部位:関節・軟部組織(筋肉、腱、じん帯など)
    東京・紀尾井町・ICVS Tokyo Clinic V2・ハイドロリリース

    筋膜 ( 筋肉を包む膜 ) の癒着などにより、動きが悪くなったり痛みが生じている部位に、超音波エコー画像で確認しながら培養上清液を注入します。それにより、癒着をはがし神経の流れをつくることで、痛みの改善を図ります。

    • 東京・紀尾井町・ICVS Tokyo Clinic V2・Before
    • 東京・紀尾井町・ICVS Tokyo Clinic V2・After
    主訴:腰痛
    診断名:腰痛、臀部痛および両側下肢痛・変形性腰椎症による脊柱管狭窄症
    年齢・性別:50歳代・男性
    治療回数:2回(2週間間隔をあけて)
    治療方法:培養上清を用いたハイドロリリースおよび培養上清の神経根周囲への投与(エコーガイド下およびX線透視下)
    治療費:料金表参照
    治療のリスク・副作用:出血、感染、神経損傷など

Treatment Menu幹細胞培養上清液療法メニュー