医療法人社団 ICVS
医療法人社団 ICVS
Tokyo Clinic V2

診療案内
Menu

従来の治療法では機能回復が思わしくない
難治性と呼ばれる疾患を主な対象として
再生医療による治療をご提供いたします

Indications主な適応疾患

関節症・関節炎治療arthropathy

東京・紀尾井町・ICVS Tokyo Clinic V2・関節症・関節炎治療

膝、肩、肘、手首などの関節に生じる慢性疼痛は、関節を構成する骨と骨の間にある軟骨が劣化して変形をきたした「変形性関節症」が主な原因です。また、骨と骨、骨と筋肉をつなぐじん帯や腱などが損傷する「腱炎・腱付着部炎」によっても関節周辺に強い痛みが生じます。

このようなお悩みに
関節を使うと痛みが出る
関節の痛みがつづく、再発する
思いどおりに関節を動かせなくなった
動かさずに休めていると関節が固くなる
関節がきしむように感じる
階段の昇降、椅子に座る・立つなどの動作が困難になった
従来の治療法と幹細胞治療
  • 人工関節置換手術
    重症の変形性膝関節症には、金属やセラミックなどで作られた人工関節に置き換える外科手術を行います。

    ・入院のうえで全身麻酔を必要とする
    ・手術後のリハビリの負担が大きい
    ・治療後もしばらく強い痛みを伴うことがある
  • PRP療法
    自己治癒力をサポートする治療法として、患者様ご自身の血液中に含まれる血小板の成分を高濃度で抽出し、損傷部位に注射します。損傷した組織の修復に有効とされます。

    ・痛みや炎症は抑えるが、軟骨は再生しない
    ・効果が持続しないことがある
幹細胞治療

患者様ご自身の幹細胞を採取・培養し、
当院では、関節への局所注射および動脈注射(カテーテル治療)で投与します。
身体への負担がごく少ない治療によって、軟骨そのものを再生させるだけではなく、
骨壊死やじん帯・腱の損傷による疼痛への効果も期待できます。

幹細胞治療について詳しく

中枢神経障害治療central nervous system injury

東京・紀尾井町・ICVS Tokyo Clinic V2・中枢神経障害治療

脳と脊髄にて構成される中枢神経は、全身に指令を送る神経系統の中心的な働きを担います。この中枢神経が、脳梗塞・脳出血や脊髄損傷などによってダメージを受けると、筋力の低下や麻痺、感覚の異常や喪失が起こります。

このような症状に
脱力、痙縮、こわばり、手足が重いなどの運動機能障害
しびれ感、痛み、そう痒感、灼熱感などの感覚の異常
従来の治療法と幹細胞培養上清液治療
中枢神経の障害は、明らかな原因がつかめないものが多く、
治療方針が未確定な難病です。
薬物療法は、症状によっては進行を抑制する効果が認められていますが、
根本的に症状を改善することはできないとされています。
幹細胞培養上清液治療

幹細胞培養上清液に含まれる生理活性物質による
血管新生や神経再生効果により、
損傷した組織の修復や改善を行うことが期待されます。

幹細胞培養上清液治療について詳しく

がん治療副作用対策adverse reaction

東京・紀尾井町・ICVS Tokyo Clinic V2・がん治療副作用対策

がん細胞をターゲットとした放射線治療や化学療法は、分裂速度の速い血液細胞や口腔粘膜、胃腸粘膜、毛根の細胞などの正常な細胞に対しても影響を与え、しびれや痛み、違和感などの副作用があらわれます。

このような症状に
痛み・しびれ
                            
<その他の症状>
                              
口腔粘膜の炎症・痛み・違和感
唾液腺の機能低下による口腔内乾燥
吐き気・嘔吐・下痢
脱毛・皮膚の障害・爪の変化
幹細胞培養上清液治療

幹細胞培養上清液に含まれる生理活性物質による
組織の修復、血管新生や神経再生、免疫系制御など
さまざまな効果により、症状の改善・回復が期待されます。

幹細胞培養上清液治療について詳しく

その他の適応疾患

当院では、幹細胞培養上清液治療による再生医療により、
さまざまな症状の速やかな改善を目指しています。

幹細胞培養上清液治療について詳しく