医療法人社団 ICVS
医療法人社団 ICVS
Tokyo Clinic V2

筋骨格系疼痛治療
Pain Therapy

膝や肘などの関節、腰や肩に生じる
痛みの改善・解消、炎症の治癒を目的とした
幹細胞細胞培養上清液による治療

骨・軟骨や関節、それに付随する筋組織、腱、靭帯などに生じたさまざまな痛みの症状に。
急性・慢性問わず、これらの筋骨格系疼痛の改善・解消を目的として
幹細胞培養上清液による治療をご提供いたします。

Symptomsこのような痛みの症状に

筋骨格系疼痛は成人の1/3 以上に発症するとされ、
組織の老化や損傷、運動による過度な負担、免疫異常など、
その原因や発症する部位が多種多様であり、治癒しにくいとされています。

東京・紀尾井町・ICVS Tokyo Clinic V2・シワ・ハリ・弾力の改善
  • スポーツ障害・外傷(発症部位:膝関節・肘関節・足関節・体幹など)
    慢性: 運動によって過度の負担が繰り返されることで、その部分が徐々に損傷し痛みが発症したもの
    急性: 運動中に大きな力が急激に加わることによる、骨折、脱臼、靱帯損傷、肉離れ、腱の断裂などのケガ
  • 変形性関節症・関節炎(発症部位:肩・肘・手指、膝・股など)
  • 腰痛症、椎間板ヘルニア(発症部位:腰・脊椎)
  • その他、半月板損傷、関節リウマチなど

Pain Therapy
by Stem Cell Supernatant
幹細胞培養上清液による疼痛治療

幹細胞培養上清液とは、間葉系幹細胞を培養した際の上澄み液のことであり、
この液体には、幹細胞から放出された生理活性物質(サイトカイン・増殖因子)が大量に含まれています。

このサイトカインには抗炎症や疼痛緩和の効果があることが知られており、
さらに、これまでの鎮痛薬による治療では実現できない、
損傷部位の治癒や保護、軟骨細胞の増殖を促すことも期待されます。
サイトカインとは 東京・紀尾井町・ICVS Tokyo Clinic V2・サイトカインとは

幹細胞を培養した培養液の上澄みは培養上清といわれ、何百種類もの成長因子や幹細胞が分泌した500種類以上のタンパク質を含む成分がみられます。その分泌液の中にはサイトカインと呼ばれる細胞活性のカギとなる情報伝達物質(生理活性物質)が豊富に含まれており、体内の損傷を受けた組織や細胞の機能回復に重要な役割を果たします。

幹細胞培養上清療法について
詳しくはこちら →

Merit幹細胞培養上清液による疼痛治療のメリット

  1. 01手術・外科的
    処置が不要
    幹細胞治療では脂肪組織を採取するための手術が必要となりますが、培養上清液による治療では、そうした外科的処置は不要です。
  2. 02その日のうちに
    投与できる
    培養上清液には細胞培養の期間も必要なく、当日に点滴または局所注射にて投与することができます。早い場合には投与後15分で効果が現れます。
  3. 03比較的コストを
    抑えられる
    細胞の採取から培養を行う幹細胞治療と比較して、同様の効果が期待できるにも関わらず、治療費を大幅に抑えることができます。※但し、自由診療となります。

幹細胞培養上清液による
疼痛治療の注意点

治療後、まれに下記の症状が起こる場合がありますが、多くの場合、数時間から数日で消失します。
注射部位および周囲の疼痛、発赤、皮下出血斑、腫脹、熱感、色素沈着、感染症、神経損傷、血管迷走神経反応 など

細胞培養にインスリンを使用するため、培養上清液にはインスリンが含まれています。
そのため、点滴で投与する場合は血糖値が下がる可能性があります。下がらないよう糖負荷しながら点滴しますが、点滴後に血糖値が下がり気分が悪くなる場合がありますので、その際は甘いものを摂取するようお願いします。

Features
of Our Treatment当院の幹細胞培養上清液の特長

幹細胞による再生医療を行う当院では、細胞培養に対する豊富な実績と高い技術に基づき
高い安全性と確かな品質が担保された幹細胞培養上清液を用いています。
  1. 東京・紀尾井町・ICVS Tokyo Clinic V2・01
    01

    幹細胞培養上清液の作成において
    適切なドナーを選定し、
    さまざまな感染症検査を実施した組織を入手しています

  2. 東京・紀尾井町・ICVS Tokyo Clinic V2・02
    02

    国際的なGMP基準に沿った施設内で、
    感染のリスク管理を徹底した培養を行っています

    細胞培養室について
    詳しくはこちら →
  3. 東京・紀尾井町・ICVS Tokyo Clinic V2・03
    03

    感染症やアレルギーなどのリスク対策として
    動物由来成分不含有(Animal Origin-Free: AOF)の
    品質・安全性の高い幹細胞培地を使用しています

Doctor担当医のご紹介

東京・紀尾井町・ICVS Tokyo Clinic V2・医師 菅原 悠
医師 菅原 悠Yu Sugawara

【経歴】
2005.3月 聖マリアンナ医科大学卒業
2005.4月 順天堂大学初期臨床研修
2007.4月 順天堂大学整形外科入局
2008.7月 北習志野花輪病院
2010.7月 順天堂東京江東高齢者医療センター
2013.7月 越谷市立病院 医長
2016.7月 東京労災病院 医長

【資格・所属学会】
日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会認定 運動器リハビリテーション医
日本人工関節学会 会員
日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 会員

Flow治療の流れ

  1. 01東京・紀尾井町・ICVS Tokyo Clinic V2・ご予約

    ご予約

    以下のいずれかにて当院までご連絡いただき、診療のご予約をお願いいたします。

  2. 02東京・紀尾井町・ICVS Tokyo Clinic V2・カウンセリング

    カウンセリング

    プライバシーに配慮した診察室にて、患者さまの症状や治療に必要な情報をお伺いします。
    そのうえで、ご希望の治療法について詳しくご説明いたします。

  3. 03東京・紀尾井町・ICVS Tokyo Clinic V2・治療

    治療

    快適で洗練された個室空間のトリートメントルームで、ゆったりと寛ぎながら治療をお受けください。

Fees治療費

初診料 11,000円
再診料 5,500円
幹細胞培養上清 5,500円/ml
投与方法(上記に追加する手技料)  
-局所注射 35,200~110,000円
-点滴投与 11,000円

※いずれも税込み価格となります。